熊谷市の不動産|でざいん不動産 > でざいん不動産株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却時に利用するレインズとは?流れや媒介契約の種類について解説

不動産売却時に利用するレインズとは?流れや媒介契約の種類について解説

≪ 前へ|角地の購入時に注意したい隅切りとは?基準やトラブルについて解説   記事一覧   不動産の相続登記義務化がスタート!相続したくない土地はどうする?|次へ ≫

不動産売却時に利用するレインズとは?流れや媒介契約の種類について解説

カテゴリ:不動産の知っトク情報

不動産売却時に利用するレインズとは?流れや媒介契約の種類について解説

売主から不動産売却を依頼された不動産会社は、買主を探すために売却活動をおこないます。
このとき幅広く購入希望者を募集し、効率的に売却を進めるために用いられるのが「レインズ」と呼ばれるシステムです。
しかし多くの方にとって不動産売却の機会は稀であるため、レインズという言葉を初めて聞く方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、不動産売却時に不動産会社が利用するレインズとは何か、利用の流れと媒介契約の種類について解説します。

不動産売却時に利用するレインズとは?

不動産売却時に利用するレインズとは?

レインズとは、売却したい不動産の情報を全国の不動産会社へ拡散するためのネットワークシステムのことです。
正式名称を「Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)」といい、頭文字をそれぞれ取って「レインズ(REINS)」と名付けられました。
レインズは、国土交通省に任命された4つの不動産流通機構(東日本・西日本・中部・近畿)によって運営されています。
売却したい物件の情報をレインズに登録すると、レインズに加入している全国の不動産会社と情報を共有することが可能です。
不動産会社のほとんどがレインズに加入しているため、全国各地の不動産会社の顧客から買主を見つけられます。
無事に売買契約が交わされると、その結果もレインズに登録されるため、最新の相場価格の共有も可能です。
そのためレインズを使用することで、適正かつ円滑な不動産取引ができるようになるのです。
レインズは不動産会社のみが閲覧できるネットワークシステムであり、一般の方は閲覧できません。
ただし売主は、自身の不動産の情報に限り閲覧できます。

不動産売却でレインズを利用する効果

不動産売却時にレインズを利用すると、スムーズで公平な取引が期待できます。
顧客のために不動産を探している不動産会社に情報を届けられるため、短期間で売却できる可能性が高まります。
もしレインズがなければ、他の不動産会社に一軒一軒問い合わせて不動産情報を得ることになるでしょう。
また売主はレインズで物件情報と取引情報を確認できるため、囲い込みを防止できます。
囲い込みとは、売却を依頼された不動産会社が物件情報を開示せずに、自社で買主を見つけて両方からの手数料を狙うことです。
不動産取引の機会が減り売主の利益を損なうとして、囲い込みは問題視されています。
レインズに登録すると、不動産情報の公開状況を売主自身が確認できるため、安心して不動産売却を進められます。

▼この記事も読まれています
不動産購入時に利用できる3種類のローンをご紹介!選択のポイントも解説!

不動産売却時にレインズを利用する流れ

不動産売却時にレインズを利用する流れ

以上のように、レインズは不動産売却に深く関わるネットワークシステムです。
そこでここでは、不動産売却時に売主側と買主側がどのようにレインズを利用するのかを解説いたします。

不動産売却時のレインズ利用の流れ:売主側の場合

まず売主が不動産会社へ査定を依頼すると、不動産会社はレインズから物件の周辺相場を調べて査定額を提示します。
レインズには過去の成約事例が掲載されており、そこから周辺相場を調べることが可能です。
査定額に納得できたら不動産会社と媒介契約を交わし、正式に売却を依頼します。
媒介契約には一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約の3種類があり、専任媒介契約と専属専任媒介契約はレインズへの登録が義務付けられています。
一般媒介契約を締結するとレインズへの登録は任意になってしまうため、注意してください。
媒介契約締結後、不動産会社がレインズに物件情報を登録すると、レインズから不動産会社に登録証明書が発行されます。
不動産会社から売主に登録証明書が渡され、証明書に書かれたID・パスワードを使用すると売主はレインズを閲覧できるようになります。
自身の不動産の情報を確認し、誤りや疑問がある場合は不動産会社に問い合わせましょう。
買主が見つかり不動産売却が完了すると、レインズに取引結果が登録されます。

不動産売却時のレインズ利用の流れ:買主側の場合

不動産購入の相談を受けた不動産会社は、レインズで買主の希望条件に合った不動産を検索します。
レインズでは、地域や価格帯、面積などでの絞り込み検索が可能です。
買主の希望条件に合う不動産を見つかったら、不動産会社から買主に不動産情報を紹介します。
一般の方である買主は、レインズの閲覧はできません。
また売買契約を締結するとレインズにその旨が掲載されますが、売主側の不動産会社が登録する決まりとなっています。

▼この記事も読まれています
マイホームを購入するならフラット35がおすすめ?条件とデメリットを解説

不動産売却時に締結する媒介契約の種類

不動産売却時に締結する媒介契約の種類

媒介契約には3つの種類がありますが、レインズへの登録義務は2つの媒介契約に限られています。
それぞれの媒介契約の内容について、以下に解説します。

不動産売却における媒介契約の種類①:一般媒介契約

一般媒介契約は、レインズへの登録が義務付けられていない媒介契約です。
ただし売主が希望する場合はレインズに登録することができます。
さまざまな不動産会社に仲介の依頼ができるほか、自分で見つけた買主と不動産会社を介さずに契約することも可能です。
定期的な進捗報告も義務付けられていませんが、売主から希望すると受けられます。
駅近であったり築年数が浅かったりする不動産は需要が高いため、レインズを利用しなくても早期売却が期待できるでしょう。
そのような不動産の売却で一般媒介契約を結ぶと、不動産会社が競い合って買主を探し、好条件で売却できる可能性が高まります。
周囲に不動産売却を知られたくないなどの理由でレインズへの掲載を控えたい場合においても、一般媒介契約を交わすと良いでしょう。
契約期間の定めはありませんが、目安は3か月です。

不動産売却における媒介契約の種類②:専任媒介契約

専任媒介契約は、レインズの登録が義務付けられている媒介契約です。
不動産会社は、売主と媒介契約を交わしてから7日以内にレインズへ登録しなければなりません。
専任媒介契約は、1つの不動産会社にのみ仲介を依頼します。
専任媒介契約を締結すると、ほかの不動産会社に仲介を依頼できない点に注意しましょう。
しかし自分で見つけた買主と、不動産会社を介さずに売買契約を締結することは可能です。
契約期間は3か月で、期間中は14日に1回以上の頻度でメールまたは電話によって進捗が報告されます。
レインズへの登録や進捗報告が義務付けられているため、売却活動から契約完了まで手厚いサポートが受けられるでしょう。

不動産売却における媒介契約の種類③:専属専任媒介契約

専属専任媒介契約も、レインズへの登録が義務付けられている媒介契約です。
不動産会社は、売主と媒介契約を交わしてから5日以内に、不動産情報をレインズへ登録しなければなりません。
専属専任媒介契約は専任媒介契約と同様に、1つの不動産会社にのみ仲介を依頼できます。
また自分で見つけた買主とも、不動産会社を介さずに売買契約を締結することはできません。
専属専任媒介契約も、契約期間は3か月です。
契約期間中は、不動産会社から7日に1回以上はメールまたは電話によって進捗が報告されます。
契約の縛りが厳しい反面、不動産会社からもっとも手厚いサポートが期待できる媒介契約です。

▼この記事も読まれています
分譲マンションとは?メリット・デメリットと相場について解説!

まとめ

レインズとは、売却したい物件の情報や成約事例を全国の不動産会社と共有できるネットワークシステムのことです。
レインズを利用すると、適正かつ円滑な不動産取引が期待できます。
不動産売却時には不動産会社と媒介契約を結ぶ必要があり、一般媒介契約ではレインズへの登録が義務付けられていません。
レインズへの登録を希望する方は、専任媒介契約か専属専任媒介契約を締結することをおすすめします。


≪ 前へ|角地の購入時に注意したい隅切りとは?基準やトラブルについて解説   記事一覧   不動産の相続登記義務化がスタート!相続したくない土地はどうする?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    でざいん不動産株式会社
    • 〒360-0018
    • 埼玉県熊谷市中央2丁目251
    • 0120-25-1373
    • TEL/048-525-1313
    • FAX/048-525-1314
    • 埼玉県知事 (1) 第24643号
  • Twitter
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-06-18
    行田市藤原町2丁目 中古住宅 の情報を更新しました。
    2024-06-18
    Cradle garden東松山市石橋第7 新築住宅の情報を更新しました。
    2024-06-18
    Livele Garden東松山市美土里町 新築住宅の情報を更新しました。
    2024-06-18
    Livele Garden鴻巣市関新田 新築住宅の情報を更新しました。
    2024-06-18
    Livele Garden鴻巣市屈巣第3 新築住宅の情報を更新しました。
    2024-06-17
    URBAN STYLE東松山市石橋2期 新築住宅の情報を更新しました。
    2024-06-17
    鴻巣市鴻巣 中古住宅 の情報を更新しました。
    2024-06-17
    GRAFARE 鴻巣市吹上本町2期 新築住宅の情報を更新しました。
    2024-06-17
    Cradle garden寄居町用土第3 新築住宅の情報を更新しました。
    2024-06-17
    行田市藤原町 戸建住宅の情報を更新しました。
  • 経営者インタビュー
  • LIFULL HOME'S 優良店認定
  • イクラ不動産
  • SDGs
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


熊谷市船木台 平屋中古住宅

熊谷市船木台 平屋中古住宅  の画像

価格
3,490万円
種別
中古一戸建
住所
埼玉県熊谷市船木台1丁目
交通
吹上駅
徒歩60分

熊谷市原島 中古住宅

熊谷市原島 中古住宅  の画像

価格
1,500万円
種別
中古一戸建
住所
埼玉県熊谷市原島
交通
熊谷駅
徒歩40分

羽生市本川俣 中古住宅

羽生市本川俣 中古住宅  の画像

価格
2,498万円
種別
中古一戸建
住所
埼玉県羽生市大字本川俣
交通
羽生駅
徒歩19分

羽生市発戸 中古住宅

羽生市発戸 中古住宅  の画像

価格
1,590万円
種別
中古一戸建
住所
埼玉県羽生市大字発戸
交通
羽生駅
徒歩54分

トップへ戻る